スキーは、生涯楽しめるスポーツだ2016年01月11日 09:25

東北自動車道で250キロ、高村光太郎の智恵子抄で知られる福島県二本松市安達太良山「あだたら高原スキー場」にいる。家族揃って正月休みでスキーだ。
疲れた心身を癒し、岳温泉郷の定宿で一日3回、積もった雪を眺めつつ露天風呂三昧だ。(昔は雪見酒だったが、……断酒して既に12年経つ……)


新年1月1、2日は年末の吹雪も止み、安達太良山山頂から白い雪雲の中に青空が広がり、眼下の白い田畑や町並みがクッキリ見える。
風も弱まり、安達太良山は全面滑走可能だ。まずは、ラッセル車で整地された慣れたポールコースに向かい足慣らしだ。新雪は心地好い。両手で掴むとキュッ、キュッと音がする。

高速ゴンドラで山頂に上がり、1.8キロのダウンヒルコースを一気に滑走した。3シーズンぶりのゲレンデだか、身体は乾いた雪質と方向を覚えていた。
スピードに乗ったスキーは鋭く雪を切ってゆく。
頬に当たる粉雪が異次元の感覚を甦らせ、スポーツの喜びを教えてくれる。

アンドロメダコースを3分の2を下った不整地急斜面のバーンで、調子に乗って大きなコブに突っ込み、跳ね飛ばされた。

全身雪まみれの姿を見て競技スキーサークル出身の息子夫婦は笑った。しかし、年寄りの冷や水とは言わない。スキーは重心・バランスのスポーツだ。エッジを立てるカービングスキーのコツを教えてくれた。


正月休みでファミリーゲレンデは子供が多い。爺爺・婆婆はストーブで荷物番だが、青年時代のスキーを懐かしがっている。
昔話だけでなく、昔取ったきねづかでスキー場に出たら良い。現在スキー道具はカービングスキーだ。スキー板は短く・エッジのカーブに乗れば、体重移動で簡単に回転でき、シニア世代にとっても安全なスポーツなっている。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://sugawara.asablo.jp/blog/2016/01/11/7987667/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。