合気道の楽しさ2014年11月25日 14:07

【最後の特稽】

団塊の世代なので、満66歳となったこともあり、故田村巌師範を偲んで合気道の「最後の特稽」について語りたい。
私は毎月1回金曜日に、梶が谷鐵心館道場で大学後輩に受けを取っていただき、田村先生から合気道の特稽を続けてきた。
田村先生は、いつまでも上手にならない不詳の弟子に対して、冗談を言い笑わせながら、何故天地の気が理解できないのか、気は生きている限り自然にでているのだ、人間の小さな「自力」ではなく、天地から与えられた「他力」を使いなさい、と念の使い方を合気道の基本技から具体的に指導して頂いた。
その特稽も2002年(平成14年)年末には、身体が動かなくなり椅子から道場で気の事についてお話を伺う状態だった。

 2003年(平成15年)3月29日(土曜日)に成田を発ち、4月3日(木)帰国予定で、香港・深川・広州に一週間出張だった。
 海外出張の前日である「3月28日(金曜日)」がちょうど特稽の日だった。1月・2月と田村先生の様態は日に日に衰え、当時は歩行できずに椅子に座ったままで、気のことを伝えようとする話も声がとぎれ、とぎれだった。
 しかも、私も出張直前で忙しかった。
 その後SARSという病気だとわかったが、当時香港には、正体不明の肺炎が流行して、死者が広がっている状況で、電話して、お目にかかるだけでもと、田村先生から気払いを受けて海外出張に行きたいとの気持ちで梶が谷鐵心館道場に向かった。
 二階で、蜂蜜入りの紅茶を飲みながら、田村先生は私の求めに応じて、一時間ほど話をして気払いをしていただいた。田村先生は両手を組むのもやっとで、かつ声を出さずに念を込めて、九の字を切って頂き、私が危険な香港に行く道を開いて頂いた。
 気払いは大きな声を出す必要はない。念ずればよいのだと教えて頂いた。

 香港に到着すると、皆マスクをして、町中が不安な病魔と闘っている様子だった。飛行場の入管官吏はマスク姿で、近づく乗客を手で追いやる態度で、レストランもウエイトレスはマスク姿だった。しかし我々を迎えた中国人弁護士はマスクをしないで。あえて中国朋友だと我々を東京からの客だともてなした。
 他方、次に向かった中国領土の深川・広州では入管官吏は、香港とは逆に私のマスクを取ってよく顔を見せろとの言い分だ。
 まさに、中国大陸と一国二制度の香港とのリスクに対する危機管理情報の断絶を実感した。

 田村先生は、私に気払いをして、私が日本に帰国した4月4日(金曜)午後3時半に亡くなられた。
訃報を聞き、当日夕刻午後7時から合気道部有志の大学OBと会い、赤坂で田村先生を偲んで献杯を重ねた。

 私は、護身術とは、単に合気道の技の護身だけでなく、人生において己の使命を全うするまで天地が生かす術だと理解している。
 田村先生は梶が谷鐵心館道場で多数の優れた師範を育ててきた。よくこの世に未練を残して亡くなられる方もいるが、私の理解するところ田村先生は、己の使命を知り、燃焼しきって65歳の天寿を全うしたと言える。

合気道の楽しさ2014年10月19日 21:13

【火事場の馬鹿力】

還暦を過ぎてもスポーツは楽しい。日々の溜まった疲れを忘れさせ、身体にフレッシュな感覚を蘇らせる。仲間とのゴルフコンペ・下手なテニス・25mプールでゆったり泳ぐ楽しさ、人間にとって運動は健康の栄養剤、と実感する日々だ。

アルペンスキーは札幌の手稲オリンピアがホームゲレンデだ。合気道は大学1年から道場に通ったが、都立大学柔道場の一角を間借りして46年前に合気道部を創設し、若き田村巌師範を指導者に迎えた。春から秋まで東京で合気道に励み大学4年で黒帯を取得し、冬は北海道の大自然の山頂から粉雪を吹き飛ばし、加速度的に滑走するスキーのスピード(疾走感)が嬉しい。スキーは志賀高原・八方尾根など亡くなった法律事務所の先輩弁護士らと一緒に社会人クラブに所属し、1級を取得した。テニスは広島修習のとき裁判所内庭のコートから始めた。いま若いコーチにボールを左右に振られ、汗まみれで走らされ、終わった後のサウナの水風呂が楽しみで、下手ながらテニスは現在も続いている。

学生時代に寝食を忘れるほど打ち込んだスキーと合気道は趣味を超えた楽しみだ。
私が修業した合気道は藤平光一先生が創始した「心身統一合氣道」だ。海外ではKiーAIKDOで知られている。広島修習のとき12名の仲間と東京から田村巌師範を招聘し広島拘置所の道場で合宿稽古をした。2011年1月9日、栃木総本部道場での鏡開きで7段を推挙された。

ここで、合気道の極意の一つである「折れない腕」について紹介しよう。女性の細腕でも、火事場の馬鹿力を応用して、脱力した、つまりリラックスした力強い腕で、攻撃してくる男性の相手を捌き、投げつけることができる。
心身統一合氣道の良さは、この火事場の馬鹿力を誰でもが会得できることだ。

藤平光一先生は日本人でも外国人でも、誰しもわかる例えを使う。
2011年2月号「月刊秘伝」という雑誌に植芝盛平先生の姪孫高棟玲子さん(79才:女性合気道家)の「孫から見た開祖と本部道場」と題するインタビューが掲載された。彼女の「折れない腕」会得の経過がとてもわかりやすい。この雑誌の宣伝ではないが、ハワイ帰りの若き藤平光一師範の稽古風景のセピア色の写真が掲載されており、「氣を出す」という合気道技の当時の指導法が良く分かる。

この記事で私が興味を覚えたのは、火事を消火すべく消防士の持つホースの話だ。若き高棟玲子さんは叔父様藤平光一師範から「気持ちというのは消防ポンプのホースと同じだ」と学んだという。消防士が水圧を必死で支え、消火活動をする姿だ。確かに、多量の水が噴出中のホースは人間程度の力では力まかせに、へし折ることが出来ない。しかし、放水が終われば水圧が無くなりホースは簡単に丸められ、消防車の中へと片づけられる。
火事場の馬鹿力の応用の「折れない腕」は、この消防ホースの例え話ですぐにイメージ出来る。水は氣で、水の様に指先から永遠の彼方までスーッとに氣が噴き出しているとイメージする限り、存在する肘関節を忘れ、攻撃してくる強い男性の力でも、細腕の肘関節は折れず、相手を倒すことができる。いかに、か弱い女性の門弟にも脱力した方が強いという「折れない腕」が簡単に出来る理屈だ。

さらに藤平光一先生の話が、ユニークで面白いのは、女性門弟向けに、銀座でバーゲンセールに出会った女性は、障害物を乗り越え、前へ、前へと進むという例え話だ。合気道は気持ちの使い方が大事だと、気持ちを前方に出していたら、少々人にぶつかってもそこにたどり着けるのだ。若き高棟玲子さんは若き藤平光一師範から教えられたと語っている。

翻ってみると我々弁護士の場合も、相手や訴訟も様々で、まさに紛争は生き物だ。日常色々な法的な場面に遭遇する。しかし、いちいち【火事場の馬鹿力】を意識する必要はない、積極的な発想で、他力を使えばいい。藤平光一先生は「仏(ほとけ)は、ホットケだ」とユーモアを言う。自然に任せ、ありのままに、脱力した・リラックスした対応が大切だ。
法的な紛争も気持ちを前方に出し、前向きに処理することが円満な解決に至ると納得した。